So-net無料ブログ作成
検索選択

王道はバレバレ!復縁のきっかけ作りが失敗に終わる理由とその末路 [復縁ノウハウ]

■連絡のしすぎは絶対NG!
どうにか復縁のきっかけを作ろうと意気込んでいる場合、メールや電話などで連絡を頻繁にとることを一番に思いつくかもしれません。ですがこのきっかけ作りは実は絶対NGなのです。

連絡のしすぎは、復縁のきっかけになるどころか、むしろ避けられるきっかけとなってしまうおそれがあるからです。

自分から連絡しすぎると「未練がある」感じが相手に伝わりすぎてしまい、うっとおしがられるきっかけになってしまう可能性があります。復縁のきっかけを掴みたいなら、連絡しすぎは避けましょう。

連絡を取るのはきっかけ作りの王道と思われがちですが、復縁やそのきっかけを得ることを望むのであれば、自分から連絡をするのは最小限に。連絡したい気持ちをぐっとこらえることが大切です。

復縁のきっかけを早く得たいと焦るかもしれませんが、焦っても良い結果は得られません。「相手から連絡が来たら対応する」くらいの余裕を持つことが、きっかけ作りを失敗に終わらせないために必要です。■「二人きりで会いたい」はバレバレ!?
復縁のきっかけは、会ったり言葉を交わしたりしなければ得られませんよね。きっかけ作りの第一歩を踏み出すために、相手をお茶や食事に誘おうと思うのは自然なことです。

ですがあまりに「二人で会いたい」感じを出しすぎると、復縁のきっかけを作ろうとしていることが相手に伝わってしまい、きっかけ作りが逆効果……という末路をたどってしまうことも。

こちらの復縁のきっかけがほしいという必死さや未練たらたらな感じなどは、取り繕うとしても案外相手に伝わるきっかけとなってしまうものです。

相手を誘うのであれば、友人を交えて複数人で会う機会を作ると良いでしょう。共通の友人がいるときっかけも作りやすいです。長い目で見れば、それが復縁のきっかけとなり得る可能性もあります。

復縁のきっかけ作りは露骨にやってしまうと、相手に警戒されてしまい、きっかけ作りのはずが逆効果に……という場合も。まずは相手が気軽会おうかなという気分になるような場を作ってみてください。

■わざとそっけなくするのは不自然
わざとそっけなくしたり冷たくしたりして、相手の気を引こうとする……。これは、復縁のきっかけ作りとしてや、片思いの相手を振り向かせるきっかけがほしいときにやりがちですね。

確かに「多少そっけない」程度であれば効果的なきっかけとして働くこともありますが、わざとらしいとむしろ「復縁のきっかけ作りのための演技かな?」と不自然がられてしまいます。

復縁のきっかけ作りは頑張りすぎると「バレバレ」「不自然」な感じになり、逆効果。あえてそっけなくして気を引くきっかけを作ろうとしている感じが伝わってしまってはNGです。

そっけなくしすぎるのではなく、できるだけ自然に接することができるのが理想です。そのためには復縁のきっかけ作りを意識しすぎない方が良い場合も。自然体でいることの方が良いきっかけとなることもあります。

「復縁のきっかけがほしい」と思っているときに自然体でいるのは難しいと思います。ですが本当に相手とやり直すきっかけを求めるのであれば、少しずつでも心がけてみるようにしてください。

■好意を匂わせすぎると逃げられる!
あえて冷たくするきっかけ作りがNGといっても、好きオーラを出しすぎれば良いというわけではありません。好意を見せすぎるのも「復縁したい」「会うきっかけがほしい」と思っているときにやりがちです。

相手への好意を見せすぎるのも復縁のきっかけ作りには逆効果と言えるでしょう。やり直すきっかけが欲しいあまり好きオーラを出して押しすぎると、相手は逆に引いてしまいます。

これは相手の立場に立ってみると容易に理解できることと思います。こちらにその気が無いのに相手ばかりが「復縁したい」「きっかけが欲しい」と盛り上がっていると、温度差を感じ引いてしまうきっかけになってしまいます。

復縁したいと強く望むなら、冷たくしすぎず好意を匂わせすぎず「友達の一人」として相手と接するように心がけてください。より戻すきっかけ作りに焦るより、再び良い友人になれるきっかけを求めるようにしましょう。

復縁したいのに友達として接するのは最初はつらいかもしれません。ですがそこは一度関係をリセットしてやり直すきっかけをもらったと思って、頑張りましょう。友達として好かれるきっかけを作るのがまずは必要です。

■そもそも別れてすぐにコンタクトをとるのは駄目!?
相手のことが好きなのに別れることになった場合、すぐに些細なきっかけを見つけて連絡したり、コンタクトを取りたくなってしまうかもしれません。復縁のきっかけが欲しいなら特にですよね。

実は別れてすぐに相手に連絡を取ったり会おうとしたりするのは、例え丁度良いきっかけがあったとしても、復縁のきっかけがほしいのであればすべきではありません。

復縁するためには、別れてからしばらくは連絡を取らない方が良いです。相手から連絡が来るなど、きっかけが相手からもたらされた場合でも会うのはなるべく控えましょう。冷却期間を置くのも大事なきっかけ作りです。

冷却期間をとることは相手のためにも自分にとっても必要です。やり直すきっかけが欲しいのであれば尚のこと一度冷静になるべきです。その間は復縁のきっかけのことは一旦忘れ、別のことに興味を向けると良いです。

復縁のきっかけ作りに焦ることなく、1~2ヶ月くらいは最低でも一人になって冷静になりましょう。
nice!(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。